リソース

動画、ユースケース、ブログなど、企業におけるAIの活用と、AI自動化のインパクトについて学びましょう。

フィルター

米国卸売業者、1,500万ドルの売掛金をAIの力で回収

製造業者にとって大きな課題の一つになっている在庫の最適化。通常、在庫数は需要予測で決まりますが、従来の需要予測は人の経験や勘に頼ることが多く、予測は往々にして不正確で在庫の過不足を生じさせ、コスト増・収益減少につながっています。

そこで、AIによる需要予測が注目されています。このユースケースでは、AIによる需要予測の自動化で、需要の予測誤差を半減し1000万ドルものコスト削減を実現した自動車メーカーの事例をご紹介します。製造業に限らず、在庫管理に悩む多くの企業におすすめです。

Read More
大塚商会「受注件数7倍」の効果を生んだAIサービス 機械学習を中堅・中小企業の身近なものに

大塚商会はdotData社と協力し、中堅・中小企業のお客様向けに、データさえ用意すればdotDataの機械学習モデルによる分析結果を得ることができる「dotData AI分析サービス」を開始。コールセンターのデータを活用し、「コールセンターでの受注件数が7倍に」。飲料品卸売会社の受注予測を高精度化し、予測時間を大幅に削減できた事例など中堅・中小企業ののデータドリブン経営に貢献しています。

Read More
世界的な自動車メーカー、AIにより1000万ドルもの在庫コスト削減に成功

製造業者にとって大きな課題の一つになっている在庫の最適化。通常、在庫数は需要予測で決まりますが、従来の需要予測は人の経験や勘に頼ることが多く、予測は往々にして不正確で在庫の過不足を生じさせ、コスト増・収益減少につながっています。

そこで、AIによる需要予測が注目されています。このユースケースでは、AIによる需要予測の自動化で、需要の予測誤差を半減し1000万ドルものコスト削減を実現した自動車メーカーの事例をご紹介します。製造業に限らず、在庫管理に悩む多くの企業におすすめです。

Read More
米国小売業者、AI予測分析で不正による損失を500万ドル削減

小売業における不正損失額が世界で最も高い米国では、万引き、従業員窃盗などの不正行為により年間617億ドルもの損失が発生し、小売業界における重要な経営課題の一つとなっています。このユースケースでは、米国でコンビニエンスストアを多店舗展開する企業が、AIによる予測分析で不正検知・防止対策を講じることで、年間で500万ドルもの不正損失を削減した事例を紹介します。

Read More
ADK コスト減に寄与する視聴率予測をAIで強化

ADKマーケティング・ソリューションズは、視聴率予測システムSpot-NaviにdotDataを採用した「Spot-Navi AI版」を活用。精度向上と予測時間40%短縮し、大きな効果が得られています。

Read More
大塚商会 AIが半年で7万件以上の商談を提案

大塚商会は、dotDataによるAI自動化を活用して、営業担当者のスケジュールに落とし込んで商談先を提案する「AI行き先案内」を開発。AIが半年で7万件以上の商談を提案。商談数が3倍増と生産性も上がり大きな効果を獲得。

Read More