リソース

動画、ユースケース、ブログなど、企業におけるAIの活用と、AI自動化のインパクトについて学びましょう。

フィルター

Lawson photo
ローソン
dotDataの特徴量で消費者の価値観を理解 ターゲティング広告の商品購入率が12倍に

約1万5000店舗のコンビニエンスストアを展開するローソンは、購買者に合わせた商品の販促システムを構築するためにdotDataを導入。Cookieレス時代に向け、ID-POS(購買者IDに紐づくPoint-of-Sales)データおよび購買者の価値観分類から特徴量を抽出。広告デザインを購買者の価値観に合わせて最適化することで、購入率が12倍も向上しました。dotDataにより抽出された特徴量は、購買会員のLTV向上による店舗の売上改善など自社で利用されるほか、取引先メーカー向けのマーケティング活動や商品開発などにも活用されており、ローソンだけにとどまらないメリットを生み出しています。

Read More
JALエンジニアリング 「遅延・欠航ゼロ」を目指してdotDataの特徴量が故障予測分析を高度化

JALエンジニアリングは、JALグループが保有する航空機の整備業務を担っています。航空機の不具合によるフライトの遅延や欠航をできるだけ抑制すべく、ビッグデータ分析を用いた航空機の故障予測に取り組んでおり、その取り組みをさらに強化すべく2019年にdotDataを導入。従来、整備士の五感で検知していた不具合の予兆に加えて、フライトデータや整備データの中からより多くの予兆を見いだせるようになりました。こうした取り組みを今後も継続的に強化していくことで「航空機の不具合に起因する遅延・欠航ゼロ」を目指しています。

Read More
三井住友信託銀行
お客さまターゲティングの精度に20倍の差
個人向け営業にAI活用が定着

デジタル技術を積極活用し業務変革に取り組んでいる三井住友信託銀行では、個人のお客さまターゲティングの精度向上を目的にdotDataを導入。金融商品の成約率が高いと思われるお客さまをAIが導き出すことで、成約率向上を実現しました。

Read More
大塚商会「受注件数7倍」の効果を生んだAIサービス 機械学習を中堅・中小企業の身近なものに

大塚商会はdotData社と協力し、中堅・中小企業のお客様向けに、データさえ用意すればdotDataの機械学習モデルによる分析結果を得ることができる「dotData AI分析サービス」を開始。コールセンターのデータを活用し、「コールセンターでの受注件数が7倍に」。飲料品卸売会社の受注予測を高精度化し、予測時間を大幅に削減できた事例など中堅・中小企業ののデータドリブン経営に貢献しています。

Read More
ADK コスト減に寄与する視聴率予測をAIで強化

ADKマーケティング・ソリューションズは、視聴率予測システムSpot-NaviにdotDataを採用した「Spot-Navi AI版」を活用。精度向上と予測時間40%短縮し、大きな効果が得られています。

Read More
大塚商会 AIが半年で7万件以上の商談を提案

大塚商会は、dotDataによるAI自動化を活用して、営業担当者のスケジュールに落とし込んで商談先を提案する「AI行き先案内」を開発。AIが半年で7万件以上の商談を提案。商談数が3倍増と生産性も上がり大きな効果を獲得。

Read More