JALエンジニアリング 「遅延・欠航ゼロ」を目指してdotDataの特徴量が故障予測分析を高度化

JAL

JALエンジニアリングは、JALグループが保有する航空機の整備業務を担っています。航空機の不具合によるフライトの遅延や欠航をできるだけ抑制すべく、ビッグデータ分析を用いた航空機の故障予測に取り組んでおり、その取り組みをさらに強化すべく2019年にdotDataを導入。従来、整備士の五感で検知していた不具合の予兆に加えて、フライトデータや整備データの中からより多くの予兆を見いだせるようになりました。こうした取り組みを今後も継続的に強化していくことで「航空機の不具合に起因する遅延・欠航ゼロ」を目指しています。

  •  データから探索的に不具合の予兆となりうるパターン(特徴量)を作成する「仮説探索型分析」をdotDataによって実現し、従来の仮説検証型分析と組み合わせることで、故障予測分析全体を強化
  • 仮説検証型分析では見いだせなかった不具合の予兆を検知するための特徴量の作成に成功した

dotDataが選ばれた理由は、ユースケースからご確認いただけます。今すぐ無料のユースケースをダウンロードしましょう。

ダウンロードする

ダウンロードするには、「送信する」を
クリックしてください。