三菱電機、データ分析基盤としてdotDataを採用 。デジタル基盤「Serendie」の実現を加速

三菱電機、データ分析基盤としてdotDataを採用 。デジタル基盤「Serendie」の実現を加速

掲載記事

三菱電機株式会社は、革新的なデジタル基盤「Serendie」の実現に向け、dotDataをデータ分析基盤として採用しました。Serendieは、データ分析基盤や、事業領域を横断したサービスを迅速に提供するWebAPI連携基盤などで構成され、多様な人材がその技術力と創造力を発揮することで新たなソリューションを提供します。2023年4月に設立されたDXイノベーションセンターでは、循環型デジタル・エンジニアリング推進のため、データ分析ツールとしてDataiku、dotData、Tableau、PowerBI、データプールとしてSnowflakeを整備し、社内外の技術・ノウハウを集結したデジタルサービスの実現を加速させます。

三菱電機のDX戦略2024

dotDataのデータ分析基盤について、お気軽にお問い合わせください

製品・サービスに関するお問い合わせ先

E-mail: contact-j@dotdata.com

本件に関する報道関係からのお問い合わせ先

E-mail: pr-j@dotdata.com

dotDataについて

dotDataは特徴量自動発見・抽出プラットフォームのリーダーとして、企業のAI・機械学習プロジェクトにおいて最も難しいと言われる特徴量の発見・抽出の課題を解決します。dotDataの特徴量自動設計技術は、わずか数時間で、大規模で複雑な関連性を持つデータの関係性を分析し、人間のバイアスにとらわれることなく、自動的に透明性の高い説明可能な特徴量を抽出し、お客様のビジネスにとって重要な洞察を導き出します。データサイエンティストは、dotDataを活用することで、従来に比べ100倍以上もの特徴量を自動探索できるようになり、そこには今まで人間が想像もしなかったような貴重なインサイトも隠れています。これにより、企業はAI・機械学習プロジェクトを強化し、よりアジャイルに回せるようになり、迅速にビジネス価値を創出することができるようになります。変化の激しい現代において、どの業界においても、AIが生み出す洞察は、ビジネスの成長やイノベーションのためのゲームチェンジャーとなります。ここにこそ、多くのフォーチュン500の企業がdotDataを選ぶ理由があります。

dotData
dotData

dotData独自の技術である特徴量自動設計は、データサイエンスおよびAI開発工程の最も難しい部分である特徴量設計と事業適用化を自動化します。それにより、企業のAI・機械学習プロジェクトにかかる時間を短縮させ、より高いビジネス価値を生み出します。詳細はdotdata.com、Twitter、LinkedInからご確認いただけます。