dotDataがMicrosoft for Startupsに採択されました

2019年10月9日 dotData, Inc. エンタープライズ向けにデータサイエンスプロセス全体の自動化・運用化を提供する最初で唯一の企業であるdotData, Inc.(カリフォルニア州サンマテオ)は、Microsoft for Startup認定パートナーに選出されました。Microsoft for Startupは、世界のトップのスタートアップ・テクノロジー企業を支援するプログラムです。 Microsoft for Startupsは、Microsoft Azure上で実行されるエンタープライズ対応の革新的なテクノロジーソリューションを開発している組織を対象とするプログラムです。このプログラムは、販売、マーケティング、技術サポートを含むマイクロソフトのエコシステム全体とdotDataを連携し、dotDataのプラットフォームをAzureで利用できるようにすることでdotDataの拡大を促進し、継続的なイノベーションを推進します。 dotDataの革新的なデータサイエンスプロセス全体の自動化ソリューションは、急成長しているAutoML市場における独自性が認められ、Microsoft for Startupsに採択されました。dotDataは認定パートナーとして、Microsoftの高可用性、信頼性、およびスケーラブルなAzureクラウドプラットフォームの利点と機能に加えて、dotDataのデータサイエンス自動化の機能を顧客に提供できるようになります。 dotData, Inc.の創設者でありCEOの藤巻遼平は、次のように述べています。「dotDataの革新性がMicrosoftに認められ、Microsoft for Startupsプログラムに採択され、非常に興奮しています。お客様がdotDataプラットフォームへMicrosoftから直接アクセスして洞察を得ることで、Microsoft…



GiXoとNEC、熟練のデータサイエンティストのデータ分析業務の多様化に「dotData」を活用

2019年9月20日 dotData, Inc.   株式会社ギックス(注1、以下 GiXo)は、日本電気株式会社(注2、以下 NEC)とdotData, Inc.(注3)が提供するデータ分析ソフトウェア「dotData」(注4)を2019年3月に導入しました。「dotData」は、機械学習自動化におけるリーダーであるdotData, Inc.(注4)が開発したAIを活用してデータサイエンスプロセス全体を自動化するソフトウェアです。これにより、GiXoが擁する熟練のデータサイエンティストのデータ分析業務を多様化し、GiXoのデータ分析サービスの高度化に貢献します。 GiXoは、データを活用した各種コンサルティングやデータ分析に関わるツールの研究・開発を行っており、データ分析とコンサルティングをとおして様々な業界のお客さまの経営課題解決や競争力強化を支援しています。 具体的には、GiXoの「データ活用診断サービス」(注5)におけるデータ分析業務に対して「dotData」を活用します。「dotData」は、AIが自動的に設計する解釈可能な特徴量から人間が想像もしなかった知見を発見することができます。これにより、GiXoのデータサイエンティストが、より効率的に示唆を見出し、ビジネス領域および実社会への適用可能性を探ることが可能となります。熟練したデータサイエンティストとAIが互いに補完し合うことで、多様な分析結果を素早く得ることができるようになります。 今後3社は、データ分析業務の多様化をさらに進め、GiXoのデータを活用した各種コンサルティングをとおして様々な業界のお客様の企業価値向上に貢献していきます。 以上 (注1) 本社:東京都港区、代表取締役CEO:網野 知博 (注2) 本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO:新野…


dotData version 1.6
データサイエンス自動化プラットフォーム 「dotData Enterprise」と「dotDataPy」をバージョンアップ~特徴量設計とAutoML(機械学習自動化)を強化しデータサイエンスを加速



dotDataとNEC、AWSに対応したデータ分析自動化関連ソリューションを拡充

2019年6月12日 dotData, Inc. データサイエンスのプロセス自動化におけるリーダーであるdotData, Inc. (本社:アメリカ カリフォルニア州、CEO:藤巻 遼平、注1)は、データ分析ソフトウェア「dotData」(注2)をお客様のアマゾン ウェブ サービス (AWS)環境上で活用するためのリファレンス・アーキテクチャーの提供を開始します。 併せて、日本における「dotData」の独占販売代理店である日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO:新野 隆、以下 NEC)は、「dotData」とAWSのサービスを組み合わせたソリューションを提供し、年間20社への販売を目指します。また、データ活用を目指す企業向けにはProof of Concept(PoC)用の特別パッケージを、本日から提供開始します。これにより本格的な導入の前に、容易にその効果を検証することが可能となります。 今回、データ分析の前に必要となる基本的なデータの整備(データのクレンジングやID統合など)をAWSが提供するフルマネージドの各サービスを活用して行い、「dotData」にシームレスに連携することで、さらなる分析業務の効率化を実現し企業の収益力向上に貢献します。 今後両社はデータ分析業務の高度化・効率化により、データサイエンティストが短期間に様々な角度から多数の分析を行い、データ分析にもとづく新たなビジネス展開など、お客様への価値向上に貢献していきます。…


forrester
独立系リサーチ会社が、dotDataを“機械学習自動化(Automation-Focused Machine Learning)”ソリューションの「リーダー」として認定


NEC logo
NECとdotData、AIを活用したデータ分析技術によりSMBCグループのデータ分析業務の高度化・効率化を実現

2018年7月13 日 日本電気株式会社 dotData, Inc. 「dotData」を本格導入しAI適用業務を拡大 NECとdotData, Inc.(注1)は、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(注2、以下 グループを総称してSMBCグループ)にAIを活用した分析ソフトウェア「dotData」(注3)を提供しました。SMBCグループは、本日から本格稼働を開始し、グループ各社のデータ分析業務の高度化を強化します。 「dotData」は、企業内に蓄積されるビッグデータを活用した課題解決を加速するために、データ分析プロセスをAIによって自動化するソフトウェアです。データ分析ニーズの高まりと、データサイエンティストの不足という社会課題に対して、「dotData」を用いて、より良い社会の実現に貢献していきます。日本国内ではNECがdotData, Inc.から本ソフトウェアの独占販売権を取得し、2018年7月から提供しています。 これまで株式会社三井住友銀行(注4、以下 三井住友銀行)とNECは2016年からAIを積極的に銀行業務内に取り入れ、分析プロセス自体の自動化を通じて、お客さま向けのサービスの提案などを行ってきました。 今回、「dotData」製品版の提供開始を機に、これらの経験やノウハウを、三井住友銀行を含めてSMBCグループ会社5社へ適用範囲を広げていきます。 具体的には、クレジットカードや住宅ローンなどの各種金融商品におけるマーケティング等の業務領域の課題に対して「dotData」を活用します。 これにより、熟練のデータサイエンティストでなくても、根拠を示したうえで、さまざまな業務において短期間かつ高精度の分析結果を取得することができるようになります。 NECとdotData, Incはデータ分析業務の高度化・効率化により、データサイエンティストが短期間に様々な角度から多数の分析を行うことにより、データ分析にもとづく新たなビジネス展開など、SMBCグループの企業価値向上に貢献していきます。 以上 (注1) 本社:アメリカ...